心療内科の状況

大阪の心療内科の状況

心療内科というとあまり良いイメージを持つ人はいないかもしれない。精神疾患を治療することろなので、どうしても悪いイメージが先行してしまうのだろう。そのため、早い段階で心療内科に行かずに重篤な状態になってから心療内科を利用してしまう傾向があるようである。 全国に心療内科の施設は数多くあるが、都市部に多いようだ。東京や大阪、名古屋などである。ここでは大阪の心療内科の状況について述べたい。 大阪は大都市であり、働く人も多い。それに比例してストレスで体に変調をきたしてしまう人も多いようである。その結果、大阪のビジネス街である本町にも心療内科の施設が多数ある状況である。しかし、少々、数が多すぎることもあり本当に親身になってくれる病院を探すのが重要だ。

賢い利用方法について

さきほど、心療内科の数が多いと書いたが逆に良い病院を見つけるチャンスでもある。単に薬を処方するだけの対処療法しかしない病院もあるので注意が必要だ。要はストレスに対する耐性や考え方の転換を図ることが病気を治療すると同時に予防にもなるのである。 最近では心療内科の隣に心理療法士が常駐し患者に対してカウンセリングを実施しているところもあるようだ。このような心療内科は大阪にも多数存在するので、単に薬物療法をする病院とは違って抜本的な解決を期待できる。 現代病ともいわれるうつ病やパニック障害などは再発することが多く薬物療法だけでなく、カウンセリングなどを通じた心のケアが重要になってくるのである。また、大阪の心療内科について言えば、入院を要する施設は都市部にはなかなか無く、大阪南部の比較的、自然の多い所に存在するようである。